2013年9月25日水曜日

万願寺唐辛子の薬味たっぷり混ぜご飯 <坂ノ途中コラボ和食レシピその①>



京都の“坂ノ途中”さんの記事を以前このブログで書かせていただきました。農家さんを支え、環境負荷の小さい農業の普及を第一に考えている“野菜提案企業”です。

代表の小野さんと先日はじめてお会いして、農薬や化学肥料に頼らずに丁寧に野菜を栽培されている農家さんの人柄がにじみ出るような楽しい話、野菜作りを通して苦労されている話など、色々なお話を伺うことができました。思いのこもった野菜を販路にのせて消費者に届けよう!とがんばっている農家さんのために何かできないかな、と素直に思えるよい機会でもありました。

これまで私も和食を中心にレシピを考え、この数年間ウェブを中心に情報発信をしてきましたが、この度坂ノ途中さんとコラボして、月に1品か2品くらい、坂ノ途中の野菜を使ったレシピをこのブログで紹介しよう!!ということになりましたっ。これまでにない面白い企画です(^^)

ちょっと珍しい野菜から、京都の伝統野菜、定番野菜まで、野菜の美味しい食べ方を一緒に考えてみようと思っています。

*公式サイト「坂ノ途中の考えていること」もぜひ見てみてください→こちらから
*以前のこのブログで坂ノ途中さんを紹介させていただいた記事→こちらから


**********坂ノ途中×白ごはん.comの和食レシピ その①*********

“万願寺唐辛子の薬味たっぷり混ぜご飯”

焼いてもさっと煮ても美味しい、京都野菜の定番ですよね。今回はその万願寺唐辛子を焼いて香ばしさと甘みを引き出しつつ、炊き立てのご飯とたっぷり薬味と合わせて、混ぜご飯にしてみました。

<材料>
米 … 2合
塩 … 小さじ1/2(ご飯を炊くときに加える塩)

万願寺唐辛子 … 5本
じゃこ … たっぷり(今回は15gほど)
油揚げ … 1枚
炒りごま(白) … 小さじ1
生姜の千切り … ひとかけ分
醤油 … 大さじ1/2
ごま油 … 小さじ1/2(醤油とごま油は下味用)

<作り方>

まず万願寺唐辛子と油揚げを網やフライパンを使って軽く焦げ目がつくまでやきます。
※火にかける前に万願寺唐辛子に縦に切り込みを入れておきましょう※
また、ご飯は普通に研いで、炊飯器や土鍋で炊いてください。
炊く前に塩小さじ1/2を溶かして、軽く混ぜ合わせ、ご飯にうっすら塩味をつけてあげます。

万願寺唐辛子と油揚げが焼けたら、万願寺唐辛子は2~3㎝幅に、
油揚げは1㎝以下の粗いみじん切りにしてボウルに入れます。
ここに分量の醤油とごま油を加えて、さっと混ぜ合わせます。

ご飯が炊ける前に、生姜の皮をむいて針生姜を用意しておき、
炊けたご飯の上に、万願寺唐辛子と油揚げ、針生姜、じゃこ、炒りごまをがさっと盛ります。

あとは全体を底からやさしくかき混ぜて…

お茶碗によそっていただきましょう(^^)
ポイントは、ご飯に薄く塩味をつけておくこと、
万願寺唐辛子と油揚げを香ばしく焼いて、そこに醤油などの味をつけること、
そうすることで、混ぜご飯にしたときに、万願寺唐辛子の持ち味である、
甘みやちょっとした苦味がより引き立てられると思います。

今回坂ノ途中さんからお送りいただいたお野菜たちは
大和真菜(やまとまな)、葉ダイコン、オカノリ、ルッコラ、オレンジミニトマト、さやいんげん、赤こどもピーマン、万願寺唐辛子、白丸なす、たまねぎ、さつまいも、ジャガイモ、かぼちゃ、栗の計14品でした(坂ノ途中さんのWEBショップにある、旬のお野菜セットのMサイズのもの)。
*坂ノ途中のWEBショップはこちらから

オレンジミニトマト、うちのむすめにおやつの時間に出してみたら、、、
止まらくなって全部食べてました。甘みと酸味のバランスが、、とか味見したかったのに、
2つくらいしか食べれなかった(・д・川)
※身近な和食を見直すきっかけ作りができればと思います!ぜひクリックお願いします(^^)


4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

突然の書き込み失礼いたします。
レシピィ.net と申します。

今秋、レシピィ.net はリニューアルして
新しく生まれ変わりました。

そこで 冨田ただすけさんに、是非お料理レシピを投稿して頂きたく、
不躾では御座いますがご連絡させて頂きました。

http://recipy.net/b

まだまだこれからのサイトですが、
ご投稿心よりお待ち申しております。

冨田ただすけ さんのコメント...

レシピィnetさん、はじめまして。
ご連絡ありがとうございます!せっかくご紹介いただいたのですが、料理レシピに関しましては、自分のブログやサイトのみで紹介する予定でして、ほかサイトに投稿する予定はいまのところありません。。
でもレシピィnetは見させていただきますね。よろしくお願いします。

Shiman さんのコメント...

ここのところ、山形の甘とう美人にはまってます♪
最近はいろいろと珍しい野菜や新しい野菜も多いですよね。私世代ではアスパラやブロッコリーが珍しい時代もあったのに・笑 (相方に世代が違うと言われたけど)

冨田ただすけ さんのコメント...

Shimanさん、昭和の中盤から終わりにかけての古いレシピ本だとそんな感じかも(笑) 手元にある昭和のレシピ本もオクラだとかが野菜の新顔!とか書き方がされてあったりしてるし^^ なかなかここの坂ノ途中ってとこも“なんじゃこりゃ?”って野菜もあったりして面白いですよ~